女子東レアローズを中心にバレーボール関係の情報をまとめています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドグランプリ最終戦
アメリカ戦。
昨日のポーランド戦の敗戦で優勝望みは消えましたがメダルの可能性はあります。
でもアメリカって決勝リーグは全勝なんですね。
強いやん、アメリカ。


  日本 vs イタリア
1set 24 - 25
2set 20 - 25
3set 23 - 25


ストレート負け。
完敗です。
やはりアメリカは強かった。
なかなか世界の壁は越えられないですね。
でも進歩の見られる大会だったかと。
今後を期待します。

最終結果
1位 アメリカ
2位 ブラジル
3位 イタリア
4位 中国
5位 日本
6位 ポーランド

個人賞としてベストスコアラー木村沙織選手が輝きました。
すっかり日本の大黒柱です。
でもどこかの記事にありましたが日本は『絶対的なエース』が不在とのことで。
こんなに得点を取っても絶対的なエースにはなれないのですよね。
これ程頼りになる選手は他にいないのですけど・・・。
どうも名前と実績で決めているような気がしてならないです。



ところで今大会は中国での開催でした。
テレビを見ていると、中国戦意外も結構お客さんが入っていますね。
日本対イタリア戦は客席もかなりもかなり盛り上がっていたようです。
以前は国家の時もブーイングするような状態でしたがかなりマナーも良くなってる模様。
自国以外の試合も応援してくれるし今大会はよい雰囲気で開催されたかな。

スポンサーサイト
ワールドグランプリ。試合は続きます。
強敵イタリア戦。
目指せメダルでガンガンいってもらいましょう。

  日本 vs イタリア
1set 23 - 25
2set 25 - 14
3set 26 - 28
4set 25 - 20
5set 17 - 15

フルセット勝利
粘り勝ちです。
フルセット勝利は気持ちの勝利。
この調子で勝ち進んでもらいましょう。
迫田さおり選手と江畑幸子選手。
一長一短があるのか交互に使われています。
ポジション争いってのもありますがモチベーションが保てるのかなって疑問もあります。
勝ったからよいですが。
でもすごいのは井上香織選手。
相変わらずブロックが良い。
このブロック力は魅力。
ブロックは勝利を引き寄せるにも重要な要素。
すごいです。

そして勝てばメダルに大きく前進のポーランド戦。

  日本 vs ポーランド
1set 15 - 25
2set 25 - 21
3set 23 - 25
4set 22 - 25

まさかの敗戦。
ポーランド相手なら勝てるとは思っていました。
が、そんなに甘くはなかった。
残念ですが気持ちを切り替えて最終戦、アメリカ戦をがんばってもらいましょう。

ワールドグランプリ決勝ラウンドが始まっています。
初戦はブラジル。
世界ランキング1位、まさに女王です。

  日本 vs ブラジル
1set 13 - 25
2set 25 - 23
3set 18 - 25
4set 25 - 22
5set 15 - 13

フルセットで勝利です。
しかも9年ぶりの勝利とな。
そういえば勝った記憶がありません。
とにかく活躍したのは江畑幸子選手。
素晴らしい活躍。
迫田さおり選手も負けてられないですね。

そして第2戦地元中国戦。

  日本 vs 中国
1set 27 - 29
2set 25 - 23
3set 20 - 25
4set 19 - 25

残念。
中国は調子が悪いとか言ってたわりに全然強いです。
さすが世界ランキング2位。
そして応援も相変わらず熱がある。
この試合、久々に迫田さおり選手が登場しましたが勝利の勢いまでは得ることができず。
まあまだ決勝ラウンドは始まったばかり。
今後の日本の活躍を期待します。

先週、成年女子6人制バレーボール国体近畿ブロック予選が行われました。
会社でもPRされなかったのですっかり忘れていました。
滋賀県の代表としてですがアローズの試合でもあるのでせめて公式HPでPRくらいすればいいのに。
その辺が相変わらず残念です。

で、試合結果というと

■第1試合
 滋賀県 和歌山県
1set 25-13
2set 25-19
《スターティングメンバー》
1set:森・高田・築地・宮田・峯村・田代  L:木村(美)
2set:高田・和田・築地・宮田・峯村・田代 L:木村(美)

■準決勝
 滋賀県 大阪府
1set 25- 7
2set 25-16
《スターティングメンバー》
1set:森・高田・築地・宮田・峯村・田代  L:木村(美)
2set:高田・和田・築地・宮田・峯村・田代 L:木村(美)

■決勝
 滋賀県 兵庫県
1set 25- 8
2set 25-20
《スターティングメンバー》
1set:高田・築地・宮田・小平・峯村・田代 L:木村(美)
2set:森・高田・和田・小平・峯村・田代  L:木村(美)

この結果、「ゆめ半島千葉国体」への出場権を得ることができました。

千葉国体
10月1日(金)~10月4日(月) 茂原市市民体育館


このまま勢いに乗って優勝してもらいましょう。



ところで他チームの話題ですが久光製薬は国体に出場できないということになったそうです(公式HPより)。
その理由というのがチームの練習拠点は神戸にあるため、たとえ親会社の拠点が佐賀県にあっても県の代表になる資格は無いというのも(住民票は佐賀なんでしょうね・・・)。
今まで久光製薬は佐賀県の代表として出ていましたよね、たしか。
確かに久光製薬の体系はちょっと特殊ですか。
佐賀県のチームなのにチームの練習拠点は佐賀に無いのですから。
来年以降はどうなるかはどうなるかはわかりませんが。

ワールドグランプリ予選ラウンド東京大会。

22日の試合、イタリア戦。
ブラジル大会では勝ったものの今回はセット数1-3で負け。
先に2セットを取られましたが粘りを発揮して3セット目を取る。
が、そのまま流れを日本に・・・とはいかずそのままイタリアにセットを取られ敗戦。
やはりイタリア。
強敵です。

そして本日はオランダ戦。
この試合はフルセットの大接戦。
が、2-3でフルセット負け。
このところ、迫田さおり選手の活躍が見れなくなってきました。
まあ、まだまだこれからの選手ですから。
まだ成長中の選手ですから。

ところでオランダ戦はまだ観てません。
(関西テレビはこのあとの放送です)
フジテレビもNEXTを契約すれば生放送で観れたんですけどね。
でも後で地上波で観れるというなら契約する気にもならないんですよね。
もし、NEXTのみの放送なら契約したと思います。
とりあえず明日にでも地上派のオランダ戦を観ましょう。

日本は4位で予選ラウンド終了。
場所を中国に移して本戦が行われます。

ちなみに地上波の放送時間はまだ決まってないですよね。
「調整中」のままだったと思いますが。

各地で試合が行われています。
昨日、ちょっと触れました大山未希選手の試合。
1回戦は駒田順子・菅山かおる組との対戦。
おおっとかおる姫ですか。
それは注目の試合だったんですね。
が、ここでは敗戦。


その後、敗者復活戦もあり、最終順位は17位
初めての大会で勝ち続けられるほど甘くはないですか。
が、日々成長でしょう。

そしてワールドグランプリ予選ラウンド東京大会
東京で行われる注目の試合。
関係あるかどうかは知りませんがこのブログのアクセス解析でもいつの間にか東京からのアクセスが多い結果となっています。
その結果は3-1で勝利!
日本は決勝ラウンド進出が決まっています。

その中でも活躍したのが井上香織選手と山口舞選手。
特に井上選手は堂々の最多得点。
ブロックもいいし、攻撃力もあり素晴らしい選手です。
そして山口選手は安定してますね。
元々ミスが少ないとは聞いていましたが。
頼もしい選手です。

次はイタリア戦。
ブラジル大会では勝っていますが対イタリア戦って久々の勝利だったのでは?
当然今回も厳しい闘いのはず。
決勝ラウンドは決まっているとはいえ、気を抜かずいい試合を見せてもらいましょう。

昨シーズンで東レアローズを退団。
ビーチバレーに転向した大山未希選手のインタビューがsports naviに掲載されています。
メディアには初?水着姿で登場。
ビーチに転向するまでの想いから現在の状況までインタビューに答えています。
そんなミキは8月19日~22日に行われる『第21回ビーチバレー女子選手権』に出場します。

その途中結果、本日行われた予選は突破したとのこと。
もともと全ポジションを経験しているミキはビーチに向いていたかもしれません。
このまま推薦枠の選手を喰って勝ち進んでもらいたいです。

ここでも応援を続けますよ。

そういえばチャイニーズタイペイ戦、1セット目のスタメンは荒木絵里香選手、木村沙織選手、濱口華菜里選手、迫田さおり選手と東レの4人がコートに揃いました。
同じチームの4人が同時に全日本のコートに立てるとはなんとも頼もしいことです。
もっともこの試合、リオは早々に交代となりましたが。
爆発力はありますから今後も期待します。
重要なのはデータを取られてからも活躍できるかということです。
以前、菅山かおる選手が全日本で大活躍した時も大きく目立ったのはその時の1大会くらいではなかったでしょうか(僕の記憶では)。
その辺がデータを重視するスポーツの難しいところなのですが。

このところ、『迫田さおり』をキーワードにして等ブログに来ている人が多くなってきました。
注目されてきましたね。
(ゴールデン枠ならもっと注目されたはず・・・)

昨シーズンの2009/10V・プレミアリーグ開幕前にこのブログでもリオの活躍を期待する記事を書きました。
某選手が「最近リオがすごいんです」と言っていたと。
ちなみに当時選手だったその人は、といったらは気が付く人がいるかもしれません。
その人は大山加奈さんです。
その時からリオが急激に伸びていることに気が付いていたんですね。
自分のポジションと重なるわけですから素直に喜ぶことはできないでしょうが、そのような競い合いが選手の力を高めるのでしょう。
ということで今後もリオに期待します。

なんかリオを紹介する写真がないかなと思って探しましたが去年の夏祭りの写真がありました。
去年は全日本に招集されていなかったので。
今後は夏祭りに参加するのは難しくなると思います。
全日本で活躍するなら・・・。

20100816


ワールドグランプリ予選ラウンド3日目。
岡山での最後の試合です。

会場に行ってないので僕はテレビで観ることになりますが放送は深夜。
関西は1時20分からです。
試合を見る前にすぽるとで結果を知ってしまいました。
このような結果の知り方をするのはちょっと残念ですが。
結果としては

  日本 vs チャイニーズタイペイ
1set 28 - 26
2set 25 - 15
3set 25 - 11


ほー、圧勝でしたね。
この試合では荒木絵里香選手と濱口華菜里選手をスタメンに起用と東レファンにとっては楽しみな内容だったのではないでしょうか。
しかもエリカがベストスコアラーとなる大活躍と。
そりゃ楽しいですね。
地元の声援を受けてさらにテンションアップしたことでしょう。
まだ試合は観てないので明日にでも録画で観ることにします。
さすがに関西テレビでリアルタイムでは見れないな・・・
深夜放送だとこうなってしまいますね。
応援はしてるんですよ。
でも結果も知ってるしねー。
どうもテンションが・・・。


さあ、次は東京大会。
引き続き日本でも試合です。
会場の応援も大きいでしょう。
本戦への出場を決めてもらいましょう。

ワールドグランプリ予選ラウンド。
岡山で行われる2日目の試合。ポーランド戦。
ポーランドは今大会負け無し。
好調をキープしています。
対して日本も上り調子。
いい試合が期待できます。

  日本  ポーランド
1set 25 - 19
2set 25 - 21
3set 19 - 25
4set 25 - 16

3-1で勝利です。
この試合4setの荒木絵里香選手が奮起。
怪我でスタメン落ちしていますが復調傾向のようです。
それに岡山はエリカの地元ですからね。
声援も大きかったことでしょう。
(昨シーズンのVプレミア岡山大会は捻挫で出場できなかったのですがこの試合も相当出たかったようです)
岡山といえばシーガルズの山口舞選手が大活躍です。
おそらく地元ファン、チームからも現地で応援を受けているでしょう。


フジテレビの公式HPでバボちゃんネットニュースがあります。
ここではポーランド戦の記者会見の模様が紹介されています。
選手のコメントは荒木絵里香選手、木村沙織選手、迫田さおり選手。
東レの3選手が登場。
全日本の顔ですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。